国家資格もとれる!? 期間工・期間従業員で高給&自分の時間を確保できる仕事を

国家資格もとれる!? 期間工・期間従業員で高給&自分の時間を確保できる仕事を

期間工の仕事は夜勤もあり、余暇を遊びたくなったり一日だらだらと過ごしたくなったりすることもあるでしょう。そうした中でも、キャリアアップに向けて資格取得を目指して頑張っている方もたくさんいます。時間のない期間工にとっては、勉強の仕方も工夫が必要です。まず、自分が興味を持っている資格でないと、勉強は長続きしません。自分に興味がなかったり嫌いな分野の資格だったりすれば、自然と勉強をする意欲が薄れていきます。実務に役立つ資格を取るのは大切ですが、飽きずに熱意を持って取り組める資格取得を目指しましょう。

期間工として取っておきたい資格とは

期間工は、自動車工場や電子部品の製造に携わるケースがほとんどです。しかし、期間工として働くには特別な資格は必要ありません。そのため、知識がなく、全くの未経験でも期間工として働くことは可能です。
ただし、期間工の採用面接を受ける上で有利になる資格もあります。例えば、自動車整備士の資格やフォークリフトの資格です。フォークリフトの資格の場合は、実務経験があるとなおよいでしょう。これらの資格があると、未経験者でも面接に通りやすくなります。とはいっても期間工の仕事の場合、業種によって特別に必要な資格を求められるということはないため、フォークリフトの資格があれば、倉庫内作業の業務に配属される可能性が増えるという程度です。

国家資格であるフォークリフトの資格

フォークリフトの資格は実用性も高く、活躍の場も広いため、積極的に取得を目指す人が多い資格です。「これがあれば再就職も間違いなし!」というわけではありませんが、いざという時に何かの役に立つかもしれませんし、資格が一つ増えるということはなんとなく心強いものです。
一般的なフォークリフト(最大荷重1トン未満)の場合、免許取得には「特別教育」や「技能講習」を以下のような形で受講する必要があります。

▼普通自動車免許がある場合

学科7時間+実技24時間=31時間(約4日)
費用:約3万円

▼運転免許がない場合

学科11時間+実技24時間=35時間(約5日)
費用:約3~5万円

こうした講習を、期間工の満了者を対象に無料で実施している会社もあります。講習は無料で受けられますが、遅刻や欠勤をした場合、受講料は自己負担となるようなので、要注意です。この講習を受けた後の試験の合格率は高く、再就職で使うかわからない状態でも、国家資格であるフォークリフトの運転資格を無料で得られる機会なので、利用する価値は大いにあるでしょう。ある自動車メーカーのフォークリフト講習の場合、資格取得まで4日間かかり、1日8時間のきちんとした講習を受けられます。1日目が学科、2~4日は実技試験です。もちろん、資格取得の間は引き続き寮に住めるので安心です。
修了試験に合格すると、「フォークリフト運転技能講習修了証」が発行されます。これが免許となるので大切に保管しましょう。

ただし、満了後の資格取得は、ある程度の期間の契約を経た後でないと受けられない場合が多いようです。18ヶ月以上が対象になるケースもあるようなので、満了後の資格取得を希望する場合は、まず資格取得に必要な契約期間を確認するとよいでしょう。

ビジネスの場で役立つ資格

正社員を目指すなら、現場ですぐに使える資格だけでなく、広くビジネスの場で役立つ資格を取っておくのもおススメです。例えば「簿記」「MOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)」などの資格は事務職としても役に立ちます。さらに、持っていると何かと役に立つ資格なので、正社員になった時に配属の幅が広がります。簿記の資格は会計や経理に役立ちますし、MOSはパソコンスキルの証明にもなります。また、直接正社員登用につながるわけではありませんが「実用ボールペン字検定」なども取得して損はない資格のひとつです。もし正社員として働く気持ちがあるのなら、1つの資格にこだわらず、様々な資格にチャレンジしてみましょう。正社員に向けての意欲があると評価されるだけでなく、実務の場でも役立ちます。

期間工として働いていると、日々の忙しさに流されてつい余暇に遊んでしまいがちですが、期間工の契約期間を利用して、次の職場へのステップアップを目指すというのは賢い方法といえるでしょう。特に将来、独立や就職、転職を目指す方は、その会社にどんなサポート制度があるか確認しておくことも大切です。自分の希望や目的に合った制度を上手に活用して、一つずつ確実にチャレンジしてみましょう。一つ資格を取ると自信がつきますし、取り方のコツもわかってきて次のチャレンジがしやすくなります。

無理をしないスケジュールを

期間工の仕事は、昼夜で勤務スケジュールが決まっています。そのため、自分のスケジュールが組みやすいという大きなメリットがあります。オフの時間を積極的に勉強時間にあてて、効率的に資格試験の勉強時間を作ることができます。ただし、勤務に支障が出ない範囲で勉強するとなると、意外と難しいのが現実です。無理のないスケジュールを組むことは成功の第一歩といえます。
また、勉強する際は、寮の自室だと集中できないという方も多いのではないでしょうか。そんなときは、近くの図書館を利用するのがおススメです。自室のように余計な誘惑がないので、勉強もはかどります。

まとめ

期間工・期間従業員の仕事はまとまった時間がとれるというメリットがあります。そのメリットを活かすと、将来の独立や就職、転職の可能性を広げられます。
そのひとつが資格取得です。好きな資格、採りたい資格を決め、計画を立ててチャレンジすると、次のステップに進むのに有利な資格が取得できます。例え失敗してもスキルは身に付きますし、チャレンジする精神も身に付きます。
現在、期間工の資格取得を積極的にサポートする会社も増えています。期間工は使い捨てでサヨナラというのは古い考えで、これをしていると企業のイメージを悪くさせる可能性があるため、サポートを充実させようと動いている会社も多いのです。このような会社の姿勢や制度を上手に活用して、あなたの希望や目的にチャレンジしてみてください。