期間工・期間従業員の年齢層って?|期間工ABC

期間工・期間従業員の年齢層って?

期間工・期間従業員の年齢層って?

「短期間で稼げるのなら細かいことは言わない」という大らかな方は別として、期間工や期間従業員として働きたいという方の多くにとって、職場仲間がどの程度の年齢層で構成されているのかはやはり気になるところでしょう。

とくに若い人にとっては、気の合う仲間がいるかが知りたいでしょう。

期間工・期間従業員は20~40代が中心

また、中年の方にとっては自分の体力に見合う現場かどうかを測るバロメーターになるはず。

そこで、今回は、メーカーの工場で働く期間工や期間従業員の年齢構成についてお話ししましょう。

おそらく、皆さんの想像通りかもしれませんが、期間工や期間従業員として働く人の多くは20~40代。

経験の浅い若い人もいれば、契約を更新しながら同じ工場で何年も継続して働いているベテランもいます。

また、中には女性もいますが、体力勝負の職場なのでどうしても男性が優位。

ただ、今後は女性が多く進出してくるでしょう。今でも品質検査などの工程では女性が中心的な役割を果たしています。

いずれにしても、体力があってムリの利くうちでないと働くのはキツイ職場なので、自ずと年齢構成は決まってきます。

ただ、さまざまな個性を持った仲間がいることは確かで、人付き合いが苦手で黙々と仕事をする人もいれば、気さくに声をかけてくれる人もいます。

いずれにしても、勤務時間中はおしゃべりする余裕はないので、交流するとすれば寮や食堂といったカジュアルな場ということになるでしょう。

ただ、人柄や趣味、嗜好はまちまちですが、短期間でガッツリ稼ぎたいという目的意識は共通しているので、意気投合すればよき友人になれる可能性も。

中には、工場で出会った者同士で会社を作り、共同経営者になったという話もよく聞きます。

ただ漫然と働いているのではなく、目的意識を持って仕事に取り組んでいる期間工や期間従業員だからこそでしょう。

高校卒業したばかりの18歳でも応募できる期間工・期間従業員

ごくまれに、高校を卒業したての若い人が期間工や期間従業員として働こうと、メーカーの求人に応募するケースがあります。

もちろん、期間工求人サイト「e仕事」の求人欄を見ればわかるように、期間工や期間従業員の応募資格は18歳以上なので、高校を卒業していて18歳に達していれば問題なく働けます。

社会人経験がないということで不安になる若い人が多いようですが、雇用する企業からすれば体力もあり、戦力として長く働いてくれることを期待して、積極的に採用してくれるので安心してよいでしょう。

ただし、未成年なので就職にあたっては親または親権者の同意と承諾が必要。

また、入寮などの手続きもあるので、場合によってはご両親に「身元保証人」となってもらうことがあるかもしれません。

50代は期間工・期間従業員として働ける?

期間工や期間従業員として若い頃から働いてきている方の中には50代の大ベテランもいることはいます。

ただ、経験ゼロからこの年代の方が就職しようとしても難しいでしょう。

しかし、希望がないわけではありません。重い部品を持ったり、運んだりといった作業がない現場に配属してもらえる可能性もあるからです。

むしろ、年配の方が採用されにくい主な理由は体力面よりも健康面などへの懸念でしょう。

人は年齢を重ねるごとに、重篤な病気にかかりやすくなります。

通院や入院で仕事を休むということがあれば、その間、シフトを調整して欠員補充しなければならず、ほかの従業員や生産計画にしわ寄せがいきます。

会社はこうしたリスクを避けるためにも、なるべく若い人、健康な人を採用しようとするのです。

単に体力だけなら、若い人よりも筋力や持久力で優っているスポーツマンタイプのシニア世代もいるでしょう。

しかし、問題は、継続して働き続けられるかどうか、なのです。

まとめ

若くて将来性のある20代、元気で体力のある30代、働き盛りで責任感もある40代はどのメーカーでも喜んで採用したい年代。

ただし、50代でも体力面、健康面に自信があるという方なら大丈夫。

実際、50代の期間工や期間従業員は決して少なくありません。

ただ、応募のタイミングや応募先メーカーによっては採用が難しいケースもあります。

期間工求人サイト「e仕事」を運営する職業紹介会社「日研トータルソーシング」に相談してみましょう。

あなたに合ったメーカー、職場を的確に紹介してくれます。