期間工・期間従業員の仕事はどこまでハード? 何か対策は?|期間工ABC

期間工・期間従業員の仕事はどこまでハード? 何か対策は?

期間工・期間従業員の仕事はどこまでハード? 何か対策は?

短期間でガッツリ稼ぐなら期間工・期間従業員はとても魅力的──でも、「工場のラインで働くのは体力的にキツそうで、自分に向いているのだろうか」と不安がよぎる方もいらっしゃるでしょう。

ただ、一昔前と比べ生産ラインもだいぶ自動化が進み、かつてほどは体力勝負ということはなくなりつつあります。

また、安全性も十二分に考えられているのでその点も安心。
とはいえ、やはりどの程度ハードなのか、正直、気になるところでしょう。

そこで、今回は期間工・期間従業員の仕事がどこまでハードなのか、どうすればうまく勤め上げることができるのかについてお話しします。

実際のところ、期間工・期間従業員の仕事はキツい?

結論から言ってしまうと、確かに、工場の生産ラインで1日立って働くのはけっこう労力です。

たとえば、製造ラインに流れてくるエンジンや車体の部品を手順に従って組み付けていく仕事は慣れないうちだとそのスピードに着いていくのがたいへんで、ここで挫折してしまう人も中にはいるかもしれません。

ただ、この流れ作業も慣れてしまえばそれほどたいへんには感じなくなります。
問題は立ち仕事のつらさです。

途中に休憩をはさむとはいえ、何時間も立ったままで仕事をするのは、やはりシンドイでしょう。

また、ラインによっては扱う部品や工具が重く、人によっては腕や腰が痛くなることがあるかもしれません。

しかし、それもある程度は慣れが解決してくれます。
若くて、ある程度体力があればその辺はやがて気にならなくなるでしょう。

期間工や期間従業員の仕事というと、こうした側面があるからかどうしても重労働で地獄のような現場と思われがちですが、そこまではキツくないというのが本当のところです。

昔なら重いものを持って移動するだけで、心が折れるようなこともあったかもしれませんが、今は事故などを防ぎ、作業の効率化を図るために重量物の移動は機械化や自動化が進んでいて、なるべく働く人に負荷がかからないようになっているので安心してよいでしょう。

女性や中高年が働いている現場もある

地獄ではないにしても、たいへんな作業には変わりないんだな──ここまで読み進めてきて、そういう印象を持たれた方もいるかもしれません。

確かに、メインのラインはそれなりにキツいでしょう。

こういう事情があるからこそ、メーカーも若い働き手を望んでいます。

経験の有無や学歴にこだわらず元気よく働いてくれる人を大歓迎しているのもこうした理由からにほかなりません。

ただ、だからといって20~30代の体力のある男性ばかりが期間工や期間従業員として働いているわけではありません。

体力面で不安のある女性や中高年でも、期間工・期間従業員として活躍している人は大勢います。

これは採用元の考え方や仕事環境にもよりますが、女性や中高年には製品の検査や検品といった比較的軽い作業を用意していることが多いようです。

こうした職場なら、体力に自信のない方でも安心して働けるでしょう。

よく睡眠を取ること、適度にリフレッシュすることが続けるコツ

これは期間工・期間従業員だけに限ったことではありませんが、仕事を続けていく上で大切なのは生活にメリハリを付けること。

とくに、三交代制の現場や日勤や夜勤が切り替わる現場、残業が多い現場では生活が不規則になりがちなのでなおさらです。

帰宅したらできるだけよく睡眠を取ること、休みの日は趣味やスポーツなどで適度にリフレッシュすること。

そうすれば、働くモチベーションを長く維持できるでしょう。

まとめ

他の職業などとの比較で期間工や期間従業員の仕事がつらいと勝手に決めつける人は少なくありませんが、こうして見てきたように、身体を使う仕事としてみれば特別ハードというわけではありません。

しかも、残業が多いといっても一般のサラリーマンとは違いサービス残業などは皆無。

働けば働いただけお金になる点は、やはり期間工・期間従業員ならではとも言える魅力です。

また、メーカーや工場によっては、女性や中高年の就業を積極的に支援しているところもあります。

ぜひ、期間工求人サイト「e仕事」で各社の採用情報をチェックしてみてください。