期間工ABC│期間工、期間従業員の求人サイトe仕事

期間従業員の直接雇用はどういう契約になるのか?

期間従業員の直接雇用はどういう契約になるのか?

これから期間工や期間従業員として働こうと考えているなら、メーカーとじかに雇用契約を結ぶ「直接雇用」を選択したいところ。

人材派遣会社を介して契約する「派遣」にはないメリットがいろいろあるからです。

直接雇用とそうでない場合との違いは?

ここでは、この直接雇用とは具体的にどのようものか、派遣に比べどんなメリットがあるのかについて簡単にご説明します。

直接雇用とは文字通り、企業(メーカー)に雇用されることで、派遣とは企業(メーカー)から委託を受けている人材派遣会社と雇用契約を結ぶ契約形態のことを指します。

要は、誰と雇用契約を結ぶかによって、直接雇用か派遣かが決まると言ってよいでしょう。

では、期間工や期間作業員の給与はどこから出るのでしょうか?
もちろん、直接雇用なら給与はメーカーから直接支払われます。

一方、派遣の場合は人材派遣会社から支給されることになります。

では、社会保険や雇用保険はどうなるのでしょうか。
これも単純明快で直接雇用ならメーカーで、派遣なら派遣会社を通じて加入することになります。

このように、給与や保険などについては、あまり悩まなくて済みそうですが、気になるのは直接雇用と派遣で働き方がどう違うのかという点でしょう。

とくに派遣では、誰の指示で働くのか、どの作業に当たるのか微妙な感じがしますね。

でも、そこはあまり難しく考えないで大丈夫。
工場での作業については、直接雇用、派遣に関わらず、すべて現場の指示に従うことになるからです。

直接雇用と派遣で期間工の給与に差はあるの?

では、肝心の給与面で直接雇用と派遣で差はあるのでしょうか? 

一概には言えませんが、同じ作業に従事する仕事であると仮定すると、たいていは直接雇用の期間工、期間従業員のほうが有利。

なぜなら、企業から直接支給されるので人材派遣会社の取り分が引かれずに済むからです。

ただし、逆に派遣のほうが、条件で有利なことがないわけではありません。

ところが、この場合では生産調整などの名目で派遣切りに遭う確率が高くなることに注意が必要。

直接雇用だと企業もそう簡単に解雇できませんが、派遣の場合はそれが比較的容易です。

メーカーもそのためにコストをかけて派遣会社を利用し、給与にも多少の色を付けているのです。

派遣契約で期間工や期間従業員となる場合はこうしたことも念頭に置いておきましょう。

直接雇用なら正社員採用の道が開ける

額面だけ見れば、場合によっては派遣社員のほうが高給かもしれません。

しかし、安定的に働きたいと考えるのならやはり直接雇用が有利。

そればかりではありません。
直接雇用だけにあって、派遣にはない見逃せないメリットがあるのです。

それが正社員登用の道。
期間工求人サイト「e仕事」を見るとわかりますが、大手自動車メーカーを中心に直接雇用を実施しているところは、ほぼ例外なく正社員採用登用制度を打ち出していて、中には年間で何名が期間工や期間従業員から正社員に採用されたか実績が掲載されています。

こうした制度は、人材派遣会社と契約する派遣社員は対象とはならないので注意が必要です。

まとめ

では、期間工や期間従業員として直接雇用されるにはどうしたらよいでしょう? 

まずは求人情報を厳選することが大切。

どんなに情報量が多くても、雇用形態が派遣社員ばかりの求人情報では、最初の段階で苦労してしまいかねないからです。

その点、前述の期間工求人サイト「e仕事」に掲載されている期間工や期間作業員の求人情報は100%直接雇用なので、効率のよい応募が可能。

ぜひ、チェックしてみてください。