期間工の寮はキレイ?汚い?女性でも使える?|期間工ABC

期間工の寮はキレイ?汚い?女性でも使える?|期間工ABC

期間工の寮はキレイ?汚い?女性でも使える?|期間工ABC

メーカーにもよりますが、期間工のために無料の寮を完備している会社は多くあります。

生活に必須な3大要素「衣食住」においても「住」が占めるウエイトは大きいだけに、期間工になったあとどんな寮に住めるかは事前に確認しておきたいところ。

ここでは、一般的な期間工の寮のタイプ、注意すべき点、女性用の寮などについてご紹介します。

実際に期間工になった際、どんな暮らしができるのかイメージできると、新生活のプランも立てやすくなりますよ。

【期間工の寮ってどんなところ?】

メーカーによって寮の築年数や広さ、狭さはさまざまです。

ただ、ほとんどの寮は1Rか1Kで、布団・テレビ・エアコン・冷蔵庫が備え付けられている場合もあります。

また、寮によってはトレーニングジムがあるなど、設備が充実しているケースも。

しかし、トイレや洗濯場、シャワーは共同の場合が多く、古い寮の場合だと広い部屋に壁を設けて区切っている、というケースもあります。

また、メーカーによっては広い部屋を何人かでシェアするタイプの場合もあるため、「壁が薄くて人の声が聞こえるとゆっくり休めない」「共有部分が多いのには抵抗がある」「プライベート空間をしっかり確保したい」という方は、あらかじめ寮の様子を確認しておくことをおすすめします。

メーカーの寮は家賃が発生しない場合がほとんどですが、あまりに自分に合わない環境を選ぶと体をゆっくり休めることができず、仕事にも支障が生じることもあります。

また、住環境がストレス源となると精神衛生上もよくありません。

期間工になる際は、寮のチェックを必ず行いましょう。

【期間工の寮はキレイ?汚い?】

期間工の寮は、汚いのでは? そんなイメージは過去のもの。

今では、清潔で十分な生活スペースを確保できる場合がほとんどです。

先ほど、期間工の寮は1Rか1Kがほとんどで、風呂、シャワー、洗濯場は共同のケースが多いと説明しました。

しかし、最近ではいわゆる「ワンルーム寮」が増えており、風呂やトイレが各部屋についている民間アパートなどに住めるケースもあります。

冷蔵庫や洗濯機、テレビ、電子レンジなどもあらかじめ用意されていることがほとんどなので、身ひとつで引っ越しできるのも魅力的です。

もしかしたら四畳一間というタイプの寮も残っているかもしれませんが、それはレアケース。

基本的に「ハズレ」はないと考えてよいでしょう。

ただし、ワンルーム寮はその他のタイプに比べて数自体は少ないのも事実。

そのため、ワンルーム寮に住むことに重点を置いて求人を探すと、応募できる企業が限られるという懸念もあります。

ただし、住環境を整えることは健康的な生活を築くうえで非常に重要なので、トイレや風呂、洗濯場を共同で使いたくない、もしくは「なるべくほかの期間工と顔を合わせずに生活したい」という場合は、ワンルーム寮を完備している企業に絞って求人を探すのも、ひとつの方法と言えるかもしれません。

【女性期間工でも安心できる?】

女性の期間工の場合、寮ではとくに優遇される傾向にあります。

メーカーによっては女子寮が完備されており、トイレや洗濯場、風呂などは共同となっているものの、各部屋には必要なものを置くスペースが十分にあるので、プライベート空間をしっかり確保することができます。

女子寮がないメーカーであっても、会社が借り上げたマンションやアパートに住むことが可能。

寮費のほかに電気、水道、ガスなども無料であるケースが多いので、一般的な企業に勤めて家賃、光熱費を払って生活するより、生活費を抑えることも可能です。

期間工は男性のほうが圧倒的に多いため、女性の期間工がストレスなく働けるよう企業は女性の期間工の住環境にできる限り配慮しているのです。

【まとめ】

期間工の大きな特典とも言える「寮」。

トイレ、風呂、洗濯場が共同のものをはじめ、一般的な賃貸物件と同じようすめるワンルーム寮、女性の期間工も安心して暮らせる女子寮など、さまざまなタイプがあることがわかりました。

寮には「家賃を浮かせられる」というメリットがある一方で、環境に慣れないと毎日の生活に支障をきたすという注意点もあります。

これから期間工として働きたいとお考えの方は、入社する前に寮の様子などを確認しておくと安心でしょう。