外国人でも期間工・期間従業員として働ける? 同僚としてうまくやれる?|期間工ABC

外国人でも期間工・期間従業員として働ける? 同僚としてうまくやれる?

外国人でも期間工・期間従業員として働ける? 同僚としてうまくやれる?

少子高齢化が進む日本では労働人口の減少でどの業界でも人手不足に悩んでいます。

それは、自動車メーカーや関連部品メーカーなども同じ。だからこそ、高給・高待遇を打ち出してまで期間工や期間従業員を募集しているのだと言えるでしょう。

一般的な出稼ぎのイメージではない外国人の期間工・期間従業員

それでも、なかなか人手不足の解消にまで至らないので、今は、広く海外から労働者を募っているのが現状です。

そこで、今回は、期間工・期間従業員にどれだけ外国人労働者が浸透しているのかについて見ていきましょう。

また、彼らを同僚としてうまく付き合っていく方法などについても触れていきます。

冒頭で述べたように、日本は今、少子高齢化で労働人口が減っているため、慢性的な人手不足に悩んでいます。

とくに話題に上るのは建設業界や介護など福祉業界ですが、製造業もまた例外ではありません。

ただ、建設業はともかく、製造業などでは、出稼ぎに来日した外国人が単独で期間工や期間従業員の採用に応募するといったケースはまずありません。

ほとんどは、海外の現地法人や合弁企業などから職員を受け入れるか、非営利の団体を通して実習生を受け入れて実習を行うかのいずれかです。

当然、候補となるには、相応の要件を満たさなければならず、スキルやモチベーションの高い人が選抜されるという具合です。

もちろん、就業するにあたっては日本語のカリキュラムをはじめ一定の研修を受ける必要があるようです。

外国人でも日本の期間工・期間従業員と同待遇。リーダー職になる場合も

期間工や期間従業員として働くことになる外国人労働者のほとんどは中国やベトナム、フィリピン、タイ、インドネシアといったアジア圏の人々ですが、その多くは、日本で最先端の技術を学んで帰り、そこでその経験を生かして自国の企業に貢献するという明確な目的意識を持っています。

それだけに、仕事へのモチベーションは高く、雇用する企業もその積極姿勢に大きな期待を寄せているのだと言えるでしょう。

したがって、任される仕事も一般的な期間工・期間従業員と同じ組立・加工業務だけでなく生産管理や品質管理、機械のオペレーションなどさまざま。

場合によっては、日本語検定資格者には報奨金を支給したり、チームリーダーなど責任あるポジションを与えたりといったこともあるようです。

外国人が働きやすい職場は日本人の期間工・期間従業員も働きやすい

一定の選抜条件を満たした上で、日本のメーカーで働く外国人の期間工や期間従業員・それだけに彼らを雇う企業側も、外国人が働きやすい職場環境、生活環境を用意していることが多いようです。

たとえば、身体的な負担を軽減するよう残業時間が少なめに設定されていたり、寮が完備されていたり、さまざまな生活補助があったりと内容はケースバイケース。

しかし、よく考えてみれば、こうした職場であれば、外国人だけでなく日本人の期間工や期間従業員にとっても働きやすいことは確かです。

つまり、外国人を多く受け入れているメーカーほど、労働環境もよく働きやすくなっていると言って差し支えないかもしれません。

まとめ

少子高齢化、労働人口の低下などから今後、外国人労働者が自動車メーカーに採用されるケースも今後ますます多くなってくるでしょう。

そうなると、日本人の期間工・期間従業員としても彼らとどううまく付き合っていくかが課題となるかもしれません。

ただ、確かに言葉の問題はあるかもしれませんが、しっかり働いてお金を稼ぎたい、いい暮らしをしたいという基本的な考え、働く動機は共通しているので、案外、うまくやっていけると考えてよいでしょう。

とくに寮生活を通じて、互いの言葉や習慣を教え合ったり、食事を共にしたりと、コミュニケーションの機会を少し増やすだけで、心の交流が生まれ、仕事もぐんとやりやすくなるはずです。

たまたま、期間工・期間従業員として働いた職場で外国人が同僚となったら、あえてこちらから気軽に声をかけてあげてはどうでしょう。

祖国を遠く離れて心細くなっているだけに、日本人のやさしい一言でどれだけ救われるかしれません。

なお、メーカーが外国人労働者を受け入れているかどうか、その実態はなかなか把握できませんが、気になる方は期間工求人サイト「e仕事」の採用情報にある各企業の採用担当部署に確認してみるのもよいでしょう。