期間工・期間従業員として高収入を得るには?|期間工ABC

期間工・期間従業員として高収入を得るには?

期間工・期間従業員として高収入を得るには?

稼ぐことが仕事のやりがい──これこそ期間工や期間従業員を選ぶ人に共通する心情かもしれません。

だとしたら、できるだけ有利な条件で働ける仕事に就きたいですね。

そこで、今回は期間工や期間従業員としてどうすればより高収入が得られるかどうか、どんなことに着目すればよいかといったことについてお話しします。

期間工の給与額を決める基本的な手当に着目する

期間工の場合、月収の根拠となっているのが時給や日給です。

企業によっては実際に働いた時間をカウントしていることもあれば、1日所定の時間働いて日給がいくらと決めていることもあります。

いずれにせよ、期間工や期間従業員として高収入を得るには、その基本単位となっている時給や日給ができるだけ高額な仕事を選ぶことが大切。

また、残業手当や時間外手当、夜勤手当、休日出勤手当など、定められた勤務時間以外に稼働した分について、どの程度の割合で加算されるのかもしっかり押さえておきましょう。

さらに、2交代制などのシフトを採用している現場では早朝や深夜に該当する時間帯で別途手当が付くことも忘れずに。

満了報奨金、経験者手当などハードルの高い手当を狙う

前述の基本的な手当のほかに、期間工や期間従業員には、そこで働いた期間や経験に応じて支給される特別なものもあるので、こちらも取りこぼしがないようにしておきましょう。

たとえば、「一定期間同じ期間工の職場で働いた実績がある」「過去に同じメーカーあるいは同じ工場で働いた経験がある」「メーカーや企業を問わず期間工としての経験がある」といった条件を満たすと支給される経験者手当もその一つ。

期間工となって日の浅い方にはあまり縁がないかもしれませんが、いずれはこうした支給が受けられるよう、今からしっかりと経験を積んでおきたいもの。

また、経験の多い少ないには関係なく、契約満了まで無事に勤め上げた場合に支給される満了慰労金にも着目しておきましょう。

似たようなものに満了報奨金がありますが、前者が契約満了まで働けば一律に支給されるのに対してこちらは、満額支給となるにはすべての月で無遅刻・無欠勤・無早退を貫かなければならずハードルは一段と高くなります。

ただ、遅刻や欠勤がある月の分はカウントされず、その点は厳しいものですが、条件を満たした月はすべて支給対象となるので無暗に心配することはありません。

なお、企業にもよりますが、この満了慰労金と満了報奨金合わせて200万円程度にまで達するケースもあるため決しておろそかにしないように。

契約期間満了までしっかり働き、可能な限り欠勤や遅刻がないよう努力しましょう。

またこれらのほかにも、皆勤手当や正月手当、夏季手当と、勤務状況によって支給される手当もあるので、こちらもあわせて確認しておくことをおすすめします。

福利厚生に関連した手当が手厚いがどうかを見極める

基本的な給与に関連する手当、経験者や期間満了まで働いた者を対象とした特別な手当のほかにも、見落とせないものがあります。

それが福利厚生関連の手当。

たとえば、入寮する際の引っ越し費用に充てるための赴任手当や、休日に自宅へ里帰りする際に支給される帰省旅費が支給されるかどうかもチェックしておきたいところ。

また、メーカーによっては期間工でも家族手当が出ることもあるので、こちらもよく確かめておきましょう。

また、食費の補助や食事手当があるような場合はなお好条件。

給与額には直接影響しませんが、家計の節約になればその分を預貯金に回せるからです。

まとめ

こうして給与や諸手当の実態を見てくると、期間工や期間従業員がなぜ高収入なのかその理由がおわかりいただけたでしょう。

ただ、中には、支給されるかどうかは本人の勤務態度や勤務状況次第といったものもあります。

とくに満了慰労金や満了報奨金は期間工や期間従業員にとってビッグなボーナスですが、それも、契約途中で退職したり、解雇されたりしてはまったく支給されないので注意が必要。

なお、各社の詳しい条件については、期間工求人サイト「e仕事」で内容をよく確認しておくことをおすすめします。