期間工が「確実に稼ぐ」ためのメーカーの選びのポイント5選|期間工ABC

期間工が「確実に稼ぐ」ためのメーカーの選びのポイント5選

期間工が「確実に稼ぐ」ためのメーカーの選びのポイント5選

「期間工になって確実に貯蓄しよう」と思っても、自分に合った働き方のできるメーカーがどこなのかわからない方は多いはずです。

ここでは、メーカー選びのポイントを目的別に紹介します。

自分が理想とする働き方を実現して、効率よく貯蓄しましょう。

【生活費を節約したい】

「家賃」は生活費の中でも、とくに大きな出費です。

生活費を節約したい方は、寮が完備されているメーカーに応募しましょう。

一般的に、家賃は「手取りの3割」が目安と言われています。

そのため、寮完備のメーカーに就職すれば、収入の3割近くを貯蓄に回すことも可能なのです。

メーカーが期間工に用意している寮は、トイレ、台所が各部屋に用意されている「完全個室タイプ」と、トイレ、台所などは共有の「準個室タイプ」、3~4DKの部屋を3~4人で共有する「ルームシェアタイプ」があります。

居住空間を快適に整えることは、心と身体の健康を保つことにもつながります。

そのため、「プライベートスペースが確保できないと落ち着かない」性格であるにもかかわらずルームシェアタイプの寮に入ってしまうと、体調を崩す原因に。

寮を基準にしてメーカーを選ぶ場合は、寮のタイプをしっかり確認しましょう。

【短期間で100万円以上稼ぎたい】

短期間で確実に稼ぎたい場合、メーカー選びでは以下の2点を重視しましょう。

ひとつ目は、3~6か月の短期間で契約できること。

ふたつ目は、「入社祝い金」が高額であることです。

入社祝い金とは、期間工に対し入社初月の給料と一緒に振り込まれるお金のことです。

多い所では40万円以上の祝い金を支給しているので、必ずチェックしましょう。

ほかに、時間外賃金や深夜割増賃金がほかのメーカーより高いところを選ぶのがおすすめです。

「短期間で稼ぎたい」という気持ちがあると基本給ばかりを見てしまいがちですが、手当や時間外賃金の金額、寮が完備されている(家賃を浮かせられる)かどうかなどを確認することが大切と言えます。

【30代後半から40代前半で期間工になりたい】

夜勤や立ち仕事が多く、「体力勝負」でもある期間工の仕事は、20代~30代前半の若い人が多いイメージがあります。

しかし、30代後半~40代前半でも期間工として活躍している方はたくさんいらっしゃいます。

期間工でもっとも「体力勝負」と言われているのは、「車の組み立て」作業です。

完成した車体に重いパーツを取りつける、無理な姿勢で作業を行うなど、体力とスピードが要求されます。

そのため、30代後半~40代前半の方の場合は、小さいパーツを製造している自動車部品メーカーなどに応募するのもひとつの方法です。

ほかに、募集要項に「50歳まで応募可能」と書かれていないかなども確認してみましょう。

製造業で働いた経験がある場合、面接で積極的にアピールするのも大切です。

【将来正社員になりたい】

将来正社員になりたい場合は、募集要項に「正社員登用制度あり」と記載しているメーカーを選びましょう。

勤務態度がまじめで、しっかり働いている期間工は一定期間を経ると現場の上司から「正社員登用試験」を受けないか持ちかけられます。

あるメーカーでは、毎年500人以上の期間工を正社員登用にすることを目標にしているため、期間工から正社員になるのは珍しいことではないのです。

しかし、正社員になるためには「勤務期間が長い(メーカーによって基準は異なる)」「年齢が若い」「まじめに就業している」など、試験や面接以外にも条件があります。

正社員を目指すなら、日頃から仕事に対し真摯な態度で臨むことが重要と言えるでしょう。

【季節限定で働きたい】

「夏は家業を手伝って、それ以外の季節はほかの仕事をしたい」など、季節限定で働きたいという方におすすめなのが、「季節工」という働き方です。仕事内容はほかの期間工と変わりませんが、3か月満了という超短期の契約で働くことができます。

メーカーによっては、月収30万円程度(残業、夜勤、休日出勤を含む)を受け取ることも可能。

通常の期間工ほどではありませんが、季節工の募集は頻繁に行われることもあるのでで、各メーカーの募集をチェックしてみましょう。

まとめ

期間工は、一般的なサラリーマンより基本給が高く、満了金や入社祝い金など諸手当が充実している働き方です。

自分に合った働き方で確実に稼ぎたい場合は、勤務先となるメーカー選びにこだわってみてはいかがでしょうか。