期間工ABC│期間工、期間従業員の求人サイトe仕事

期間工・期間従業員になってから、辛いと感じた人に考えてほしいこと

期間工・期間従業員になってから、辛いと感じた人に考えてほしいこと

「あ~あ、今日も仕事か」
「嫌だなあ~、あいつとまた顔を合わせなくてはならないのか」

仕事をしていると、作業や職場の雰囲気を辛いと感じることがあります。

期間工・期間従業員でもそれは同じ。

・期間工・期間従業員が辛いなら3つのWを考えてみる

では、期間工・期間従業員の場合は何が辛いのでしょう。

働くこと自体が辛いのか、職場の空気や環境が辛いのか、そしてそう思う原因は一体何なのでしょうか。

今回は「仕事をしたくない、辛く感じる」原因と、その解決策を見つけ出します。

期間工・期間従業員が辛いなら、まず「3つのW」について考えてみましょう。

3つのWとは、
自分が“When”(いつまでに)、
“Why”(何のために稼いでいるのか)、
“What”(将来何をしたいのか)
ということです。

そうすることで、仕事の目標を再定義することができます。

“4W1H”という考え方がありますが、今回はこのなかから、
“Who”(自分)、
“How”(期間工・期間従業員としての働き方)という、
すでに決定している条件を除く3つのWを深堀するわけです。

わかりやすいアプローチだと思いませんか。

悩んでしまうのは同じ疑問にいつまでもとらわれ、解決策が見出せないままに堂々巡りしているからです。

正しく問題を設定することで正しい答えが導かれるでしょう。

あなたも働くことを辛く感じたら、3つのWを考えてみましょう。

・働くことが辛いなら、一度休養期間を置いてみる

働くことが辛いなら、一度休養期間を置いてみることをおすすめします。

働き方につまずいたときは、一度自分が抱えている問題を整理し、リフレッシュすることで答えが見つかることがあります。

そのあとでまた働きたいと思ったら、求人情報をネットで探し、問い合わせてみましょう。

そもそも仕事のやりがいや楽しさは最初からあるものではありません。

続けているうちに思いがけず見出すものです。

たとえば、
やっている仕事を人に認められる、
感謝される、
それまでできなかったことができるようになる、
製品となって世に出たものが人々の役に立っている、
そうした経験を積むことで少しずつやる気が出てきます。

仕事にやりがいを見出したいなら、目標を立ててクリアしていくことや、仕事に対し意欲的になることを習慣化しましょう。

やる気を積み重ねることで、やりがいが見つかるようになります。

仕事のやりがいや楽しさは簡単に得られるものではありません。少しのしんぼうが必要なのです。

・職場環境が辛いなら、転職を考えてみる

職場の環境そのものを辛く感じてしまうなら、転職を検討するのもひとつの方法です。

転職する、別の工場に移るといったことを考えてみて、その地域の環境を調べたり、監督者や派遣会社に問い合わせたりしてみましょう。

より自分に合った働き先が見つかる可能性があります。

環境は自分から行動しなければ変えることはできません。

今の環境で我慢して働き続けてみるか、それともいまの環境を変えてみるか。

どちらの選択をするか、決めるのはあなた次第です。

転職以外にも、気分転換できるものを見つけたり、趣味を始めたりすることも解決策のひとつです。

仕事ばかりに熱中していると、行き詰ったときに逃げ場がありません。

旅行に行ったり習い事を始めてみたりと、仕事以外に打ち込めるものを持つのも大切です。

(まとめ)

仕事や人間関係が辛いと感じるのは、同じ悩みにいつまでもとらわれているからかもしれません。

しかし、あなたが経験したことや悩んだことは決して無駄にはなりません。

あとから振り返ってみると、その経験はよりよく働くための財産だったと思えるでしょう。

だから腐らずに正しく問題を設定してみましょう。

きっと正しい回答に導いてくれます。

自分が
“When”(いつまでに)、
“Why”(何のために期間工・期間従業員で稼いでいるのか)、
“What”(将来何をしたいのか)
などを考えて働く目標を再定義し、心新たにスタートしませんか。