期間工合格の可能性を高めるための面接前準備

期間工合格の可能性を高めるための面接前準備

期間工や期間従業員の採用では面接が大きなポイント。
準備をしっかりして、落ちる確率を限りなくゼロにした状態で臨みましょう。
スケジュール、服装、持ち物、そして面接の流れ、さらにどうしたら面接官に良い印象を与えられるか、そのポイントを知っておくと面接にも落ち着いて対応できます。

面接前に確認しておくこと

期間工合格の可能性を高めるための面接前準備

◆日程◆
面接の日にち、曜日、時間、場所は必ず確認して、事前にアクセスルートなども確認しておきましょう。
遅刻はアウトです。交通手段も遅延することを想定して、少し早めに到着するルートを選び、当日になってあわてないように記録しておきましょう。

◆履歴書◆
書き方は手書きでもパソコンでもどちらでも問題ありません。手書きの場合はできるだけ丁寧な字を書くよう心掛けましょう。顔写真は必ず貼ってください。写真は、スーツである必要はありませんが、清潔な格好で笑顔で写ったものがいいでしょう。

◆筆記用具◆
記入する書類等がありますので、ボールペンを持っていくようにしましょう。会社によっては、採用通知のハガキの住所を面接時に自分で書くこともあるようです。
また、面接時にメモを取ると、面接官に真面目な姿勢が伝わるはずです。

◆服装◆
面接は、スーツで行く必要はありませんが、印象を少しでも良くしたいという方はスーツにしてもいいでしょう。
スーツだからといって優遇されることはありませんが、面接官にやる気は伝わるかもしれません。

履歴書づくりのポイント

◆履歴書は時間に余裕を持って作る◆
面接日当日にコンビニで履歴書を買って書くようなことはやめましょう。急いで書くと字も汚くなってしまいます。大学生の就職活動では履歴書は手書きで書くべきという風潮がまだありますが、手書き・パソコンどちらで作成したものでも構いません。

◆学歴・職歴◆
学歴は中学校入学から記入すればOK。
年の項目は西暦・元号(昭和・平成など)どちらでも構いませんが統一するようにしましょう。学校名と会社名は略語ではなく正しく書きましょう。職歴を書き終わったら、その下の行に右寄せで「以上」と書きます。経歴詐称や嘘は絶対に駄目!
学歴なんて詳しく調べられないだろうと嘘の学歴を書いて、それが発覚して採用が取り消しになった方がいます。経歴については必ず正しく書くようにしましょう。

◆免許・資格◆
保有している資格と資格の取得年月を記入します。持っている資格は全て記入することをおすすめします。

◆志望動機◆
志望動機は必ず書くようにしましょう!
自分の言葉で素直に書きましょう。
これまでの経験が活かせそうだ、自分のスキルは会社の役に立てると思う、この仕事が好きだ、体を動かすことが好きだなど、自分の言葉で書けば大丈夫です。

◆自己PR◆
意欲、スキル、個性、人間性、これまでやってきたことなど、自分にあるものを素直に書けば相手に伝わります。

配偶者の有無・扶養家族
扶養家族には、配偶者を除いた扶養している家族の人数を書きます。
記入しないと控除等が受けられない場合がありますので必ず書きましょう。
最後にもう一度、誤字、脱字がないか、押印を忘れていないか、履歴書、封筒が汚れていないか確かめましょう。

面接の流れと注意点

一般的に面接には「個人面接」と「集団面接」の2種類あります。
個人面接が主流ですが、集団面接の場合、受験者は複数人が一列に座り、面接官が順番に質問を行っていきます。集団面接に慣れていない場合、他の人のやり取りにまどわされないように自分のペースを守りましょう。
当日は、面接会場には遅くても15分前には着くようにしましょう。
会場に着いたら、できればトイレにいって用を足しておき、鏡で身なりを整えます。
時間の5分前になったら会場に入りましょう。
入室時は「失礼します。はじめまして。本日面接に参りました○○です。」と元気に挨拶しましょう。
面接官から案内があるので、指示に従いましょう。
面接内容は各会社によって違いはあるものの大まかな流れは以下のようになります。
はじめに、アンケートの記入(どこで求人を知ったか?等)、資料を配布され、仕事内容の説明があります。その後、面接に進むか質問され、面接に入ります。アンケートに書いてある内容の質問がされます。受け答えは笑顔で、はっきりとした声で対応しましょう。
最後に、質問がないか聞かれますので、疑問に感じたことがあれば質問するようにしましょう。面接が終わったら、挨拶と感謝の意を伝えて退室します。

面接で聞かれること

期間工や工場での勤務経験の有無、志望動機、説明を理解したうえで仕事を続ける自信があるか、夜勤をできるか勤務時間がバラバラでも大丈夫か、健康かどうか(病気や障害の有無)、指定の勤務地で働くことについて、いつから働けるかなどを聞かれます。
全国レベルで行われる事業の採用面接は大体マニュアル化されています。
聞かれる内容もほとんど同じと考えてよいでしょう。
これに加えて、面接が気になったことを質問されます。
向こうも面接のプロです。聞かれたことに正直に答えれば大丈夫です。

面接のコツ

期間工合格の可能性を高めるための面接前準備

面接で受かる一番のコツは事前準備です。
事前に面接官からされる質問への、あなたなりの解答を用意しておきましょう。あとは、面接当日、やる気を見せることです。遅刻はもちろん厳禁。明るい態度で、積極的に質問もするようにしましょう。
面接官を「好き」と思い込むようにすると、明るく落ち着いて受け答えができます。女性や40代以上でも、ある程度求人はあるので、最初からあきらめずに応募してみましょう。