しっかり稼ぎながら自動車メーカーの正社員を目指す方法

しっかり稼ぎながら自動車メーカーの正社員を目指す方法

いきなり正社員にチャレンジするのはハードルが高い。 そう感じるのであれば、期間工や期間従業員として、生活を安定させながら正社員にアタックするルートもあります。 稼ぎつつ経済的余裕のある中で正社員を目指せるのは大きなメリットです。正社員登用を目標に、やりがいを持って働きましょう!

期間工・期間従業員と正社員との違い

期間工・期間従業員や派遣の場合、同じ会社で働くことができるのは最大2年11ヶ月。継続して勤務する正社員とは違い、同じ会社で働くには6ヶ月以上間を開けなくてはいけません。
年齢や勤続年数の問題もあるので、必ずしも正社員のほうが高いとは言えません。
正社員はボーナスも支給されますし、勤続年数が長いほど給与も上がります。
資格取得や役職につくことでも収入は増えていき、退職金がある場も。
正社員は期間工に比べて責任の重さは圧倒的に大きいですし、書類仕事なども増えます。期間工の教育も正社員の仕事ですし、期間工がうまく仕事ができなければそれは社員の責任にもなります。
正社員といっても期間工と同じように残業や休日出勤は当前あります。
2交代制の部署で働いているなら、期間工と同じく1週間単位で昼勤と夜勤で交互に働きます。
期間工と同じく現場で組み立てや溶接等の仕事ももちろん行います。
同じ仕事をして同じ給料をもらい、いくつかの待遇のために「社員になる」ことを目標とするのもいいでしょう。何よりも、やりがいを求める方こそチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

正社員になるには

たとえば、トヨタの正社員になるためにはまず「準社員登用試験」を受ける必要があります。受験する条件は「期間工として1年以上継続して働いていること」「GMからの推薦があること」の2点です。普段から真面目に働いているのであれば、GM(グループマネージャー)から正社員登用試験を受験するかどうか聞かれるはずです。
ただし、注意したい点があります。それは、推薦者からの評価も合否に大きく関係するということです。長年働いている期間工のほとんどがGMから準社員登用試験を受験しないかと声を掛けられます。
トヨタの場合、準社員登用試験を受験できるのは年に1回です。
期間工として同じ会社で働き続けられるのは最大2年11ヶ月なので、受験できるチャンスは2回のみとなります。
準社員試験に合格後、期間工として期間満了後に準社員として働くことになります。
正社員の試用期間のようなものと考えてください。この試用期間中に問題なく働いていれば、晴れて正社員となります。

正社員登用試験の内容

一次試験は多くの場合、書類選考・筆記試験です。履歴書を提出し、筆記試験(SPI)に臨みます。筆記試験は多くの場合、国語と数学(中学生レベル)です。
二次試験は面接です。面接は個人面接と集団面接があります。面接ではやる気を存分にアピールするようにしてください。

・質問されたら1番早く手を挙げる
・大きい声でハキハキと話す
・自己アピールする

これらがポイントとなります。

合格するためのポイント

正社員になるには、配属されている部署・班での評価が大切です。
仕事が出来るのは当然で、普段からほめられているぐらいでないと駄目だと思ってください。仕事以外でも大事なことは色々とあります。自分の所属している班や課のボスに人として気に入られている必要があります。どんなに仕事ができる人でも、こいつと一緒に働きたくないと思われてしまえば、評価は下がってしまいます。普段から同僚たちとコミュニケーションを取っていることが大事です。社内行事・飲み会には積極的に参加するようにしましょう。
その他、髪型・服装はきちんとする、遅刻・休みはNG。出勤はできるだけ早くする、仕事に対して真面目に誠意を持って取り組む姿勢をアピールする、現場の改善案は積極的に出すなど、社員になりたいという気持ちを日頃から態度で示すようにしましょう。

まとめ

あなたが本気で正社員になりたいと思っているのであれば、工場で働いている期間工の中で一番になるぐらいの気持ちで真面目に一生懸命働くようにしてください。あなたの姿勢、誠実さはきっと伝わるはずです。
正社員になることを本気で目標にしているのであれば、普段からの行動も変わってくるはずです。また、狭き門になりがちな正社員採用で一度落ちたとしても、腐ることなくまた挑戦してみましょう!