期間従業員としてバリバリ稼ぐ!寮費もゼロで貯金も貯まる!

期間従業員としてバリバリ稼ぐ!寮費もゼロで貯金も貯まる!

期間工や期間従業員としてバリバリ稼ぎたい。そう思ったら、まず確実に稼いで貯める工夫をしましょう。工夫の代表的な例が寮を上手に活用することです。なにしろ住居費がゼロで、食費も安上がり。一人暮らしの面倒くささからも開放されます。稼いだ給料をそのまま貯金に回せるのはうれしいですね。とはいっても、寮にもいろいろなタイプがあります。今回は、期間工・期間従業員として確実に稼ぐための寮についてご紹介します。

実は様々な種類がある寮

一言で寮と言っても、寮のタイプは様々。大きく分けても以下の4種類になります。

・完全個室タイプ/1人1部屋 風呂もトイレも台所も部屋に設置
・個室タイプ/1人1部屋 風呂とトイレは共同利用
・準個室タイプ/個室タイプで玄関や入り口が一緒
・ルームシェアタイプ/3~4DKの部屋を3~4人でルームシェア

タイプは就業先によって決められるため、納得のいく寮がある期間工・期間従業員の求人を選択することで、稼ぎやすい環境に身を置くこともできるはず。

さあ、自分にはどのタイプが合っているのかしっかり確認しましょう。

寮のタイプについて

期間従業員としてバリバリ稼ぐ!寮費もゼロで貯金も貯まる!

【完全個室タイプ】

風呂とトイレ、キッチンが設置されているので好きな時間に使うことができます。
共同で風呂を使う場合などは入浴するのに時間制限があったり、トイレや洗面所も出勤時は混んだりしてストレスが溜まることもあります。

部屋に設置されているのであれば自由にいつでも使えるのはいいですね
自炊もでき寮もあるので、自分で好きなものが作れるのは魅力です。

でも、完全に個室タイプの寮はまだ少ないようです。

【個室タイプ】

期間工・期間従業員として働くのなら、このタイプの寮で生活する可能性が一番高いです。

部屋は清潔さや防音の差はあるものの個室です。

部屋の中にトイレや風呂などはないので、共同で使うことになります。トイレや風呂を清掃してもらえたり、食事も用意されているケースが多いです。

完全個室タイプでは仕事で疲れて帰ってきて風呂を洗ったり、食事の準備をするのが大変ですが、このタイプは全て短縮できるのでいいですね。

1度でも住んだら戻れないくらい楽です。

期間工の寮でこのタイプが多いのも納得できます。

期間工が住む条件としては最適です。

【準個室タイプ】

共用スペースがあるので、狭かったりすると廊下ですれ違うのは気まずいですね。

仲良くなって話せるくらいになれば良いのですがコミュ力が低い人には大変そう。

お互い挨拶くらいはしないといけなさそうですが、苦手な人にはちょっと。
洗面台と洗濯機を数人で使い分けるので共同で使う人の顔がわかります。

防音対策が乏しいと生活音に悩むことも。
共有スペースが多い分だけトラブルが多くなりがちです。

【ルームシェアタイプ】

3~4DKのアパートに3~4人が生活することになります。

大浴場や複数のトイレがあるのではなく、アパートの中にある普通のトイレと浴室を使います。
食堂はないのに自炊は禁止なんて寮もありますので事前に確認しておきましょう。

仮に自炊ができたとしても台所も共有なので神経を使いそうですね。
ルームシェアタイプは部屋に鍵があるとはいえ、共有スペース部分が多いのでトラブルが起きないように日頃から注意しましょう。
このタイプの共同生活が我慢できずに自分でアパートを借りる人もいます。

寮制度のメリット、デメリット

期間従業員としてバリバリ稼ぐ!寮費もゼロで貯金も貯まる!

【寮制度のメリット】

どのタイプでも、寮・食堂が無料、またはかなり安い料金に設定されているところがほとんどです。水道光熱費も無料、食費補助や食堂があるメーカーもあるので、生活にかかる費用が少ないのが大きな特徴です。

ですから、実際に得られる報酬よりも高い年収を得ているのと変わらず、貯蓄がしやすい環境です。

多くの場合、寮は勤務先から近い場所やアクセスが便利な所にあるので、通勤に時間をとられることが少ないのもうれしいですね。

食事も栄養のバランスを考えて用意してくれるケースが多いので、とかく一人暮らしで偏った食生活を送ることを考えると、賢い選択と言えます。自分で毎回食事のことを考えたり、自炊する手間も省けます。

また、共同生活をするので一人暮らしでは得られない社会性や、社会人としてのマナーなども身につけることができます。

じっくり付き合える友人が見つかるかも知れません。

【寮制度のデメリット】

デメリットとしては、共同生活になるのでストレスがたまることがあることです。

騒音トラブルや盗難などのトラブルが起きることもあります。

寮のルールを守れない人や社会人のモラルがない人といっしょになった場合、問題は出てきます。
期間工・期間従業員として職場で一緒に働く人と寮でも顔を合わせないといけないこともあります。それに嫌気を感じる人もいるようです。

まとめ

期間従業員としてバリバリ稼ぐ!寮費もゼロで貯金も貯まる!

独り暮らしでも寮生活でもメリットもあればデメリットもあります。

どんなタイプの寮が用意されているのか、面談の時点で質問してみるのもよいですね。

デメリットを少し我慢して、バリバリ稼いで目標額を確実に貯金したいのであれば、寮生活をチョイスするのは大正解ですね。