40代が仕事・生活・将来を考え期間工を選ぶことは可能?|期間工ABC|期間工、期間従業員の求人サイトe仕事

40代が仕事・生活・将来を考え期間工を選ぶことは可能?

40代が仕事・生活・将来を考え期間工を選ぶことは可能?

確かに期間工の仕事は体力的に負荷が大きく、20歳代から30歳代半ばくらいの方が多いのが実情です。そうはいっても、30歳代後半から40歳代はまだまだ体力的には頑張れる時期です。

問題は企業の採用担当者があなたの採用にOKを出してくれるかです。
採用担当者に、30歳代後半から40歳代で期間工に応募してくる方は、体力や対応力、人間関係に問題があってこれまで正社員として働いてこなかったのでは、という疑問を持たれる可能性はあります。

その一方、採用担当者はこれまでたくさんの方と会ってきているので、ちょっとしたミスマッチや不運で適職に出会えなかったケースも見てきています。それに現在、どの企業も人手不足が深刻ですから、一人でも多くの期間工を採用したいと思っているのが本音なのです。

40歳代までなら十分に採用されるチャンスはあります。
ですから、あなたが体力的にも頑張れるし、人間関係も円滑に送れることをしっかり示すことができれば、大きな問題にはなりにくいでしょう。実際、現場では20歳代から50歳代まで、さまざまな年齢層の方が頑張っています。
そのとき、「他に適職がなかったから」ではなく、「この仕事で頑張りたい」という強い意思を示すことが大切です。

【メリットとデメリットを理解して、さあチャレンジ】 

ここで期間工のメリットとデメリットをおさらいしておきましょう。
正社員に比べると、名目賃金では期間工の平均は60%にしかなりません。しかし、時間外手当や諸手当があり、さらに寮に入ると交通費や食費、光熱費などの日常生活でかかるお金が大幅に節約できます。その結果、実際に使える可処分所得にすると正社員との差は縮まります。

このことからわかるのは、入って来るお金の割に出ていくお金が少なく、短期間にお金を貯めるのに期間工の仕事はとても適しているということです。実際、短期間に千万円単位のお金を貯め、次のステップに向かった方も多くいます。しかし、誰もがうまくいくわけではありません。
あなたが期間工にチャレンジしたいのなら、一度自分を振り返ってみることをおススメします。
そのためには、

・ある程度の体力と気力に自信があるか
・持病があったり、過去に大怪我をしたりした経験があるか
・寮での共同生活はやっていけるか
・工場勤務の経験や交替勤務、深夜の仕事をしたことがあるか
・何のためにお金を貯めるのか、はっきりとした志望動機はあるか

これらのことを自問自答してみてください。
やっていけそうなら、大丈夫です。強い気持ちを持ってチャレンジしてみてください。
難しいかもしれない、と悩む点があればキャリアカウンセラーに相談してみるのもよいでしょう。

【目標も持てば自分も相手もやりやすくなる】

これまで述べてきたことからわかるように、漠然とした気持ちでチャレンジしたのでは望んでいた成果を得ることは難しいでしょう。しかしはっきりとした目標を持てば、何を為すべきかが見えてきますし、相手にもやりたいことが伝わります。 採用担当者や一緒に企業で働く人が一番困るのが、あなたが何を考えているのかわからないことです。あなたがどういう人でどういう目的で仕事に取組んでいるかがわかれば、相手も協力しやすくなります。あなた自身が目標を持つことが大切です。
小さな目標、例えば今年の暮れまでにどのくらいお金を貯めたいとか、どういう技術を身につけたいとか、どんなポジションに就きたいとか、差し当たって決めておくのもよいかもしれません。

そして、初めて期間工の仕事をする方は基本給以外にどんな手当が支給されるのか、勤務先の環境や寮の様子、対人関係などもネットなどで確認しておくといいでしょう。

(まとめ) 

30歳代後半から40歳代になると、もうずいぶん人生を過ごしてきてしまったと思うかもしれません。10歳代や20歳代のころの自分からするとそう思うのも無理はありません。しかし、今は人生80年です。30歳代後半から40歳代は働き盛りで、人生のど真ん中です。これからさまざまなことができますし、一度や二度の失敗にめげることはありません。いつだって新しいことにチャレンジできるのです。

行動を起こせば変化が生まれます。自分の人生に変化を起してみては如何でしょうか。その際、ポイントは自分を他人と比較しないことです。十人十色の生き方があります。
でも、あなたが人生を充実させたいのなら、そのときの自分に適した仕事を探す努力は必要です。努力のない成果はむしろむなしいものです。

目標を持って努力することから得られる充実感は、結果はどうあれ、自分を納得させてくれるでしょう。