衝撃の事実!年代別平均月収と20歳から稼げる仕事はどれ?|期間工ABC│期間工、期間従業員の求人サイトe仕事

衝撃の事実!年代別平均月収と20歳から稼げる仕事はどれ?|期間工ABC

衝撃の事実!年代別平均月収と20歳から稼げる仕事はどれ?|期間工ABC

【20歳代でどれくらい稼げるのか】
終身雇用制で雇用が守られていた頃は、年を経るに従って給料が上がり、年収も予測がつき、人生設計もしやすい面がありました。しかし、現在のように非正規雇用者が全従業員数の6割を超えるようになると、年齢に応じてどれくらいの収入が得られるのか、わかりにくくなっています。

皆はいったいいくら稼いでいるのか、ちょっと知りたいところですね。
そこで国税局が出している2015(平成27)年の民間給与の実態調査から各年代の平均年収を見てみましょう。

20歳~24歳で男性265万円、女性は226万円
25歳~29歳で男性371万円、女性は295万円
30歳~34歳で男性438万円、女性は294万円
35歳~39歳で男性499万円、女性は297万円
40歳~44歳で男性568万円、女性は290万円
45歳~49歳で男性638万円、女性は292万円

となっています。

男性は歳とともに経験を積み、それが給与となって反映されます。女性は結婚や出産などの影響が大きく、残念ながら歳とともに増えるようにはなっていません。
そして50歳代の全体平均640万円をピークに次第に下がっていきます。これは名目賃金ですから、ここからさまざまな税金や保険料などが引かれてゆきます。
しかし、これはあくまでも全業種の平均給与ですから、そのなかには稼げる仕事とそうでない仕事があります。
では若くても稼げる仕事とはどんな仕事があるのでしょうか。

【若いうちに稼げる仕事とは】

20歳代でも手取りが30歳代と変わらないレベルで稼げる仕事の一例として次のようなものがあります。
なかには20歳代で年収800万円を目指せる仕事もあるのです。

・不動産の営業マン
不動産の営業マンは月給(固定給)に、さらに歩合給が足されます。
建売住宅の営業マンなら1棟成約すると50万円、仲介では仲介手数料収入の15パーセントなど、高い歩合が支払われることがあり、月収で100万円を超えることも珍しくありません。
入社3年目で500万近く稼ぎ、5年ほどで800万円を超えるケースもあります。仲介業で億単位の契約をまとめれば、年収を大きく増やすこともできます。20歳代や30歳代の若手でも、年収1000万円を超えることもあります。
しかし不動産の営業には信頼性と提案する力、そして言うまでもなくコミュニケーション能力が求められます。

・システムエンジニア(SE)
ITエンジニアのSEの平均年収は656万円です。スキルと会社の規模によって、同じITエンジニアでも収入に開きが出てきます。国内大手に20歳代で就職した場合、他の中小企業よりも10%ほどの違いが生まれるといわれます。30歳代になればこの差は20パーセントにまで開くこともあります。また、ベンチャー企業は大手企業よりも給与が速く上がるといわれています。
SEは、大手でも中小でもベンチャーでも同じように経験を積み、能力を伸ばしてフリーランスとして独立することが可能です。
一般のエンジニアの平均年収は30歳代前半で550万円、30歳代後半で660万円です。フリーのエンジニアになれば当然年齢は関係なく、収入は入って来る仕事の規模と数によります。
フリーエンジニアの平均年収は、「400万円以下が44%」「400~700万円が22%」「700~1000万円が26パーセント」という割合になっています。

・タクシーの運転手
タクシーの運転手の給料は「固定給+歩合」がほとんどです。そして、歩合の部分が大きなウエイトを占めている場合もあります。このため年齢に左右されることはありません。20歳代、30歳代でも高収入を狙うことができます。
全国のタクシー運転手の平均年収は298万円と低めですが、客の多い東京都であれば年収600万円以上も可能です。さらに東京23区内であれば、年収800万以上稼いでいる方もいます。
街や道路のことを勉強し、効率よく仕事をこなせるように技術を磨くことで、高い年収を得られるようになります。
「曜日によってどのように街の人の動きが変化するか?」「何時ぐらいだと人が減り、また増えるのか?」などといった情報を集めることが大切です。また、イメージが良く、稼げる会社を選ぶことも大切です。
より多く稼ぎたいのであれば「会社の歩率(業績に対する歩合の比率)の高さ」「迎車の数の多さ」「法人契約数の多さ」もチェック。基本給が低くても歩率が高ければ働いた分だけ収入が増えるので、基本給の低さがカバーできます。

【これらの職種で稼ぐために必要なこと】

稼げる仕事としては不動産の営業職、SE、タクシー運転手をご紹介しました。しかし、どれもすぐに稼げるようになるのか、というとそうではありません。

不動産を中心とした営業職では、コミュニケーション力や忍耐力、さらに課せられたノルマがあれば、それを達成することが前提となります。達成できなければ、なぜできなかったのか、次はその分も稼がなければいけないという精神的なダメージを負う人もいるでしょう。そうしたときに、負けじと立ち向かい乗り越えられる精神と、顧客をとるためにどうすればいいかを考えられる柔軟な思考と、良い価値を提供できることをアピールするプレゼンテーション能力が求められます。

SEはプログラミング技術が必要ですし、納期に追われる生活に耐える精神力も必要です。
プログラミングといっても、Java、C、C#、C++、PHP等々の様々な言語が存在し、それぞれにできることとできないことがあります。これらを使い分けることができ、構成を考えるためのロジカルな思考が求められます。そして、期日までに成果物を提出しなければならない中、エラーやバグと言われる不具合を解消しなければなりません。そのため、何日徹夜をすれば終われる、完璧な作品を提供したい、といったクリエイター的思考も必要です。

タクシー運転手も稼げるレベルになるにはさまざまな知識や接客マナーが求められます。
前述の通り、街・人・時間の流れを考えてどこに向かうことで稼ぎになるのかなど、実際の周辺状況を把握し、先を見据えた行動が不可欠となります。それだけでなく、接客のマナーが悪ければ次は乗ってくれない可能性があるだけでなく、タクシー会社のイメージを落とす可能性があるため、細心の注意を払わなければいけません。

【スキル・能力に依存せず、稼げる仕事】

ここまででご紹介したように、大金を稼ぐには様々なスキル・能力を求められることがおわかりいただけたでしょうか。若いうちから稼いで楽がしたい、そう考えるのは普通のことです。ただ、そんな甘い話はありません。ですが、ある程度のスキル・能力を有していれば30歳代と変わらない程度の稼ぎを得られる職種が有ります。それが期間工、期間従業員と言われるものです。

・期間工、期間従業員
期間工は基本的にはある程度の体力があれば就くことが可能であり、専門知識や多彩なスキル・能力を求められることはありません。その代わり、勤務時間が昼夜の交代制であったり、ある程度体力が求められるのです。ただ、この期間工は大手自動車メーカーに直接雇用される形となります。そのため、残業や休日出勤といった労働に対してもしっかりと賃金が支払われ、無料の寮を完備しているところが多く、水道光熱費などは大方かからないと考えてよいでしょう。気になる年収は、勤務日数にもよりますが、350~400万円ほどの人が多いのです。収入は手堅く支出は最低限で済むため、他の職種に比べて圧倒的に貯金がしやすいと言えるでしょう。ただし、働けるのが最大で3年以内(35か月)という法律上の制約があります。

若いうちからお金を稼ぐための手段として、次のなりたい自分に投資するための資金調達には良い選択だといえるでしょう。しっかり人生計画を立てた上で早めにスタートをきり、割り切って3年働くことで、早いうちから余裕のある大人を目指せます。

(まとめ) 

ここしばらく、なかなか景気が上向きにならず、年収アップにつながらない時代が続いています。しかし、職種や働き方によって高収入を狙うこともできます。
今の自分の給与と、これからの可能性を考えて期間工へのチャレンジも検討してみてはいかがでしょうか。
自分の人生は自分でしか決められません。自分にどのような能力と適正があるのかを把握しておくと、今後の進路が決めやすくなります。