いすゞ期間工の休日 神奈川篇~湘南!鎌倉!都心も近い!

いすゞ期間工の休日 神奈川篇~湘南!鎌倉!都心も近い!

期間工になって、これまで経験したことのないステキな街に住むことができたら。そんなちょっとした夢を叶えてくれる街があります。それが神奈川県にある、藤沢。江の島まで26分、鎌倉・横浜までは約45分。
そのメリットを最大限に活かしてみましょう。

江の島をはじめ海の印象が強い藤沢ですが、海だけではなく、山あり、オシャレな買い物スポットあり、そして、古くからの歴史を感じさせるスポットあり、魅力満載の街、それが藤沢です。
今回はいすゞの期間工になった場合を想定して、藤沢市周辺のおすすめスポットを紹介します。

【インスタ映えを求める方】
藤沢の観光名所の代表格といえば、やはり江の島。
数ある江の島の見所の中でイチ押しスポットをあげるなら、やはり江の島シーキャンドル。高さ41メートルの展望フロアまで上ることができ、相模湾や伊豆半島の絶景を一望できます。
その他、日本三大弁財天のひとつ妙音弁財天や、ここで鐘を鳴らした二人は決して別れないといわれる龍恋の鐘。そして、ちょっとした洞窟探検が楽しめる岩屋洞窟なども江の島観光の人気スポットです。

【歴史や街並みに興味のある方】
藤沢には、歴史を感じる神社・仏閣もたくさんあります。
江ノ電の「江ノ島」駅近くには、”日蓮の四大法難”の霊跡で、神奈川県で唯一の五重塔がある龍口寺があります。
また、県立湘南高校の近くの住宅地の中には、平安時代初期の創建とされる古い歴史を持つ鵠沼皇大神宮があります。
さらに源義経にまつわる史跡。小田急江ノ島線の藤沢本町駅から300mほどの白旗神社には義経が神様としてまつられており、白旗神社の200mほど南に位置する本町白旗交番の脇の小道を進んだ先には、「伝 義経首洗井戸」があります。
 
【テーマパーク好きの方】
ここ数年、3Dプロジェクションマッピングを駆使した夜のスペシャルイベントなどで人気を呼んでいるのが、「えのすい」の名で親しまれている新江ノ島水族館。
昔は、水族館といえば子どもが行く場所というイメージでしたが、最近は、その様子も様変わりし、大人も楽しめるレジャースポットになっています。
「えのすい」の展示で、他の水族館と比べて特色になっているのが、江の島が面する相模湾に棲む海洋生物を展示する「相模湾大水槽」や、もう60年以上も続けているというクラゲの展示など。
その他、2002年まで運用され、日本周辺の海域で様々な新発見を行った有人潜水調査船「しんかい 2000」の保存展示など、見所たくさん!

【ショッピングを楽しみたい方】
以前は、どちらかというと地味な印象だった、藤沢市南西部の辻堂エリアですが、2011年にJR辻堂駅前にテラスモール湘南ができて、雰囲気がガラッと変わりました。
さらに、藤沢駅と辻堂駅の中間地点に代官山T-SITEの2号店にあたる湘南T-SITEができたことによって、辻堂はむしろオシャレな印象の街になりました。本・映画・音楽などのカルチャーを通じてライフスタイルを提案する複合商業施設。しかも居心地の良さにこだわった空間設計が特徴で、長時間、リラックスしながら滞在することも可能です。

【「なによりもグルメ」という方】
昔からシラスやたたみイワシなどの海産物が脚光を浴びていた藤沢ですが、最近では湘南野菜が有名です。湘南野菜出荷推進協議会に加盟している組合や農家の方が生産したこだわり野菜です。新鮮で安全な地場野菜をブランド化しました。海の幸と山の幸が出会う場所が藤沢なのです。当然美味しいメニューが一杯です。

【藤沢市と周辺の楽しみ方】
江ノ電は、鎌倉駅と藤沢駅の間、約10kmを約35分で結ぶ電車で、海沿いを走る沿線のロケーションなどから、とても人気があります。大仏のある長谷や、数々の映画やドラマのロケ地として登場する極楽寺、それにアニメのオープニングに登場することから、近年、外国人観光客を中心に人気のスラムダンク踏切など、鎌倉市内のスポットが注目されています。
また江の島からほど近い鵠沼海岸から茅ヶ崎市の柳島海岸の間には、約8kmにわたってサイクリングロードが整備されており、海風を浴びながら、気持ちの良いサイクリングが楽しめます。

(まとめ)

藤沢は海や歴史文化ばかりに目がいきがちですが、おしゃれな街でもあり、ショッピングモールも充実しています。平塚市にある三井ショッピングパークららぽーと湘南平塚、藤沢市のOSC湘南シティ、テスラモール湘南をはじめ5件のショッピングモールと、外出先には困りません。建物も北欧チックであったり、風情ある情景を窺えたりと、一度は暮らしてみたい街ですね。
ロケーションも江の島まで26分、鎌倉や横浜までは約45分。
都内通勤となると時間がかかってしまいますが、期間工なら、遅番のときは午前中サーフィンをして午後から仕事、休みの日は都内に向かうなど、贅沢な選択肢をとることができます。一度、いすゞを検討してみては?

いすゞ自動車(藤沢工場)のお仕事はこちら