期間工に向いているのはこんな人! 短期間で稼いで確実に貯蓄しよう|期間工ABC

期間工に向いているのはこんな人! 短期間で稼いで確実に貯蓄しよう

期間工に向いているのはこんな人! 短期間で稼いで確実に貯蓄しよう

「将来自分のお店を持ちたい!」「海外旅行をしたい」など、「まとまったお金が欲しい」理由は人それぞれです。

でも、普通にサラリーマンとして働いていると、家賃や光熱費などの支払いに追われて、給料の多くを貯蓄に回すのはなかなか難しいもの。

一方、寮に住む期間工・期間従業員なら、家賃を浮かし短期間でまとまったお金を貯めることができるので、給料の多くを貯蓄に回しやすいと言えます。

また、期間工は一般的なサラリーマンより手取りが高く、満了金や皆勤手当、入社祝い金などを給料+αでもらえるので、効率的な貯蓄も可能です。

しかし、期間工というと「仕事がキツイのでは?」というイメージを抱く方もいるでしょう。

そこで今回は、「期間工に向いている人」の特徴と、「期間工はキツイ」と言われる理由についてご説明します。

この記事を読んで、期間工として働く自分をイメージしていただければと思います。

こんな人は期間工向き!

以下では、期間工に向いている人の特徴をご紹介します。
「もしかして自分は期間工に向いているかも?」と思ったら、ぜひチャレンジしてみてください。

・体力に自信があって健康
期間工になると、車の重い部品や車体の組み立てなどをメインで行います。
そのため、ある程度の体力を求められます。
組み立てはコンベアが流れている中で行うので、コンベアの流れに自分の作業スピードが追いつかず、精神的な焦りを覚えることもあるでしょう。
また、期間工には夜中に働く、いわゆる「夜勤」もあります。
これまで昼型の生活をしていた人にとっては、夜中の勤務に身体が慣れるまで少し時間がかかるはずです。
そのため、期間工の仕事は、もとから体力に自信があり、夜勤にも耐えられる健康さが必要になります。

・時間はしっかり守るほうだ
期間工は、一般的なサラリーマン以上に「時間厳守」が重要視されます。
遅刻や欠勤を繰り返すと、契約満了時にもらえる「満了金」が減額されたり、「皆勤手当」がもらえなかったりします。
メーカーによっては毎月3万円程度の皆勤手当を支給しているので、もらえないとなるとかなり大きな損失になるでしょう。
また、期間工は入社1か月目に「入社祝い金」を受け取ることができますが、これにも「出勤率が100%、もしくは100%に近いこと」といった条件があるので、時間を守れない人の場合は損をしてしまうことになります。
逆に、時間をしっかり守れる人であれば、一般的なサラリーマンにはない「特典」を受け取ることができます。そのため、時間をしっかり守れるタイプの人は、期間工になって効率的に貯蓄できると言えるでしょう。

・同じ作業の繰り返しが苦にならない
期間工になると、同じ作業を繰り返す「ライン作業」を行うことになります。
車体系のライン作業の場合、タクトタイム(作業時間)は1分程度。
これを一日の作業に換算すると、毎日同じ作業を300~400回繰り返す必要があるのです。
そのため、「単純作業の繰り返しが苦にならない」という人は期間工向きと言えます。
最初のうちは、タクトタイム内で作業を完結しなければという焦りと同時に、「作業をいくら繰り返しても仕事が終わらない」と思うこともあるかもしれません。
しかし、単純作業が苦にならない人であれば、徐々に慣れるでしょう。

・職場でのコミュニケーションが少なくても平気
前述のように、期間工の仕事は単純作業を自分のエリア内で繰り返すことがメインになります。
そのため、作業中に周りの人と言葉を交わすことはほとんどないのが特徴です。
「一人で作業に没頭するのが好きだ」という人におすすめの仕事と言えるでしょう。
また、「実は、前の職場でワイワイ話しながら仕事をするのが苦手だった」という人は、期間工でこそ自分のスキルを十二分に発揮できるかもしれません。

期間工の仕事はキツイ?

ここまで「期間工に向いている人」の特徴を見てきました。

しかし、上記の特徴に当てはまった方の中には、「期間工の仕事はキツイと聞いている」という理由から応募に踏み切れない方もいると思います。

では、期間工の仕事が「キツイ」というのは本当なのでしょうか? 

実際の期間工経験者の声を聞くと、「きつかった」と答えている人は多いようです。

しかし、業務の厳しさは「慣れていない」ことによるものが大きいと考えられます。

たとえば期間工は、一日中立ち仕事であったり、部品の組み立てを流れ作業で行ったりする必要があります。

こうした働き方には、これまで一般的なサラリーマンとして働いてきた人にとって体が慣れるまで時間がかかるでしょう。

また夜勤ともなれば、“昼型生活”を送っていた人は体のコンディションを合わせるのが難しくなります。

体力の有無や単純作業への適正などはもちろん重要ですが、期間工を続けるにあたって重要なのは「慣れ」だと言うこともできます。

そのため、最初は「キツイ」と思った仕事も、体が慣れてくればこなしやすくなるでしょう。

まとめ

期間工として働くことに不安を抱いている方もいるかもしれません。

しかし、期間工特有の単純作業に自信があり、なおかつ体力があって健康な方なら、期間工として一定期間働きまとまったお金を稼ぐことは可能だと言えます。

今回紹介した「期間工に向いている人」の特徴を見て当てはまった人は、ぜひ期間工という働き方を検討してみてください。