スバルの期間工について仕事と待遇をチェック!|期間工ABC

スバルの期間工について仕事と待遇をチェック!

スバルの期間工について仕事と待遇をチェック!

アウトバック──日本名でレガシーと言えば北米でもっとも売れる車であることはけっこう有名な事実です。

それだけの人気車種を送り出しているスバルだけに、工場の稼働率も高く、当然、期間工も積極的に採用しています。

そこで、今回は日本が誇るスバルの期間工についてその仕事や待遇について迫ってみます。

もし、「期間工もいいかな」とお考えなら、ぜひ、こちらの記事をご参考に。

勢いのある会社だけに、待遇もよく、長く働ける条件が整っています。

ハードで知られるスバルの製造ライン? じつはむしろ逆?

群馬県太田市と大泉町に3つの工場を持つスバル。

これらの工場では、同社ブランドの乗用車について部品の組み付けから部品の加工、塗装、車体の検査作業などを行っています。

ここでは人気車種のレガシーやフォレスター、インプレッサといったスポーティモデルからステラなどのワンボックス、1リットルカーのジャスティまでありとあらゆるモデルの製造が行われています。

とくにコアなファンを持つスバルですから、同じ期間工として働くなら是が非でもスバルがいいと考える人もいるでしょう。

ただ、ちょっと気になるのは、スバルの製造ラインがキツい、ハードだというウワサをよく耳にする点です。

確かに人気車種を多く抱えるメーカーの工場だけに、生産体制も急ピッチというイメージはあるかもしれません。

では、本当のところはどうでしょうか。

じつは、これ、まったく根拠のないウワサにすぎません。

スバルの採用情報を見ても「他車体メーカーより、ラインスピードはゆっくりと言われ、未経験でも作業しやすい職場です」という一文が掲載されているように、他社との比較でキツい、ハードというイメージはあまり気にしなくてよいくらい、普通の製造ラインと考えられます。

きっと、こうしたウワサの多くは期間工という仕事が初めてだったという人からのものかもしれません。

自動車メーカーに限らず、工場の生産ラインを経験したことのない人にとってはどれもそれなりにキツく感じられるに違いないからです。

だいいち、期間工の仕事がハードかどうかは、ラインのスピードに左右されるので、“他社よりゆっくり”なスバルならそれほど気にしなくてよさそうです。

だからといってラクができるということではなく、期間工の作業量としてはごく普通ということ。

どの期間工にも言えますが、やはりこの仕事に就くにはある程度の体力が必要になります。

●スバルの各工場は群馬県太田市・大泉町に3ヶ所
本工場(群馬県太田市スバル町) :自動車本体の製造
矢島工場(群馬県太田市庄野町) :自動車本体の製造
大泉工場(群馬県大泉町いずみ) :エンジン・トランスミッションの製造

満了慰労金+皆勤手当で最大227万円。期間工注目の好待遇

次に気になる待遇面を見ていきましょう。

まず、給与ですが、日給は初回の契約時に9,000円とごく平均的ですが、契約更新のたびにアップが期待でき、12ヶ月後には9,600円に上昇。

月間22日勤務で残業が平均25時間なので、月収は361,000円~380,000円かそれ以上ということになり、かなりの高収入が期待できます。
しかし、スバルの魅力は、期間工にとってボーナスに相当する「満了慰労金」の手厚さでしょう。

一例ですが、80日実働で80,000円、120日なら180,000円、200日ともなると340,000円、そして実働240日で最高の420,000円が支給されます(ただし4~35ヶ月満了者が支給対象)。

これがさらに最長契約期間の2年11ヶ月だと、皆勤手当を含め最大で227万円がゲットできる計算です。

「期間工の方には長く働いてほしい」というスバルの想いが伝わってくるような好待遇ですね。

でも、注目すべきはほかにもあります。

たとえば、正月手当がしっかり支給される点や寮費無料な点、もちろん食事補助も付いてきます。

これだけではありません。

入社時には転職支援金15万円(選考会参加費3万円+入社祝金12万円)が支給されるなど至れり尽くせり。

「スバルは満足度が違う」というコピーは決してダテではないことがこれでおわかりでしょう。

正社員登用制度は看板だけじゃない。実績多数!

ほかにもスバルの期間工には契約期間に応じて経験者手当1~10万円が支給されます。

つまり、長く働けば働くほどメリットがあるということ。

また、スバルでは正社員登用制度も確立されていて2017年8月までに847名もの期間工が正社員として採用されているという実績もあります。

これはもう、「一応、正社員登用をうたっておこう」というレベルではありません。

かなり積極的に採用に取り組んでいる証拠だと言えるでしょう。

まとめ

トヨタや日産といったビッグ2と比べると、やや地味な印象を受けるスバルですが、北米やヨーロッパではかなり根強い人気を誇る自動車ブランドです。

もちろん日本にもスバルでなければというコアなファンは少なくありません。

それだけに、生産体制も充実し、期間工の採用も恒常的に行われています。

だからこそ、待遇面も充実しているのだと言えるでしょう。

皆さんも、期間工として働こうとお考えなら、一度、期間工求人サイト「e仕事」で、スバルの採用情報を確認してみては? 

ここなら勤務地その他の詳細情報も細かくチェックできます。