期間工・期間従業員は、同じ会社でも工場・作業で待遇が変わる?・日産編|期間工ABC

期間工・期間従業員は、同じ会社でも工場・作業で待遇が変わる?・日産編

期間工・期間従業員は、同じ会社でも工場・作業で待遇が変わる?・日産編

期間工・期間従業員で働きたいと思ったら、まず誰もがどのメーカーに就職するか検討するはず。

でも、それだけでは、もったいない? 

なぜなら、大手なら国内に複数の工場を持っていて、それぞれ勤務形態から給与・待遇まで想像以上に差があるからです。

そこで、今回は「せっかく働くなら、より収入アップにつながる工場で働きたい」という方のために、「日産」の各工場について給与・待遇事情をお教えします。

4工場のうち給与面でベスト1は「追浜工場」。期間工ならここを狙うべし

日産は自動車メーカーでも大手だけに期間工・期間従業員の給与・待遇面でも非常にハイレベルなことで知られています。

ただし、関東・東北に4つある工場で、それぞれ勤務形態などの違い、労働時間の違いから給与額などに若干の差があります。

下表を見てください。
給与額だけ見れば栃木工場がややリードしていますが、東京やその近郊に限って言えば追浜工場がそれに次いで有利で、横浜工場より2.3万円程度上回っています。

北関東で仕事を探すなら栃木工場一択でしょう。

しかし、あくまでも都心部へのアクセスを考えれば、結論として追浜工場がベストということになります。

工場 月収例※ 内訳
・横浜工場 約31.7万円 時給1,200円×8h×20日+諸手当
・追浜工場 約34万円 (時給1,200円×7.75h×20日+残業手当1,560円×29h
+深夜手当300円×35h+休出手当1,680円×15h+各諸手当)
・栃木工場 34.4万円以上 8.0h/日×20日/月+各種手当
・いわき工場 27万円以上 8.0h/日×21日/月+残業20h+深夜60h+休出2日
※あくまで想定額です。実際とは異なることがあります。

追浜工場の組立ラインなら6ヶ月ごとに6万円の「組立加算」が付く

実際のところ、期間工・期間従業員の間でも日産なら追浜工場がいいと評判です。

その理由は「組立加算」と呼ばれる作業手当が支給されるから。

期間工・期間従業員だから自動車を組み立てるのは当然では? 
と思われるかもしれませんが、自動車の製造現場では組立のほかにも塗装や検査など軽作業に近い工程もあり、身体的にキツい仕事である組立ラインのほうがこれよりも厚遇されています。

具体的には、6ヶ月の契約期間満了で得られる満了金が組立の場合で25万円、組立以外では19万円と6万円もの差があります。

この6万円が組立加算です。
この差は決して小さくないでしょう。

東京・横浜までのアクセスでは「横浜工場」が有利だが……

さて、給与・待遇面で有利なことがわかった追浜工場ですが、ただ一つ、東京・横浜までのアクセスという点ではお隣の横浜工場にはかないません。

一方、寮の質で言えば、追浜工場の「東西ドミトリー寮」は横浜工場の「大口寮」「戸塚寮」に比べ、新しくきれいで、家賃換算で7万円ほどの差があると思えるほど。

アクセスの違いは小さいものですが、居住空間の良し悪しは6ヶ月間そこで暮らすとなると無視できないもの。

いずれにしても、あらゆる面で追浜工場は魅力的だと言えます。

まとめ

期間工・期間従業員にとって、月収や組立加算手当、充実の寮などあらゆる面で有利な追浜工場ですが、人によっては横浜工場や栃木工場、いわき工場に魅力を感じる方がいても不思議ではありません。

いずれの工場も世界の日産が誇る生産拠点だけに働きやすく、給与面でも他社の工場とそん色ありません。

詳しい違いについては期間工求人サイト「e仕事」の求人欄でぜひ確認してみてください。

きっとご自分の希望に合った会社、工場が見つかるはずです。